倉敷医療生活協同組合 水島協同病院 オフィシャルサイト

水島協同病院 臨床指標


検査・病理の指標

検体検査の報告が30分以内に行えた割合

検体検査の報告が30分以内に行えた割合
分子・分母

 分子:到着から検査結果検収まで30分以内に完了した件数
 分母:外来で緊急検査オーダーされた検体件数

備考(除外項目等)

 外来の指標

指標の説明

 外来迅速検体検査加算を取得しており、速やかな結果返却を目的に報告時間の検証を行っています。緊急検査依頼のあった生化学・血算などの全検査件数のうち、検査結果を30分以内に報告できた件数の割合を算出しています。

指標の種類

検体検査30分以内報告率

考察

 緊急検査は、検体到着から検査前処理に15~20分、分析に10分と全体で25~30分程時間 を要するため、結果報告は最短で30分以内を目安にしています。
 2020年度の30分以内報告率は79.8%と前年度と比べ1.6ポイント減少しました。必要な再検査、採血採り直し検体も含めておおむね80%の目標は達成出来ました。
 遠心条件の統一、検査前処理の方法、技師全員が一定の水準で行えるように引き続き改善 を行い、緊急検査の報告が30分以内と出来るよう更なる改善に努めたいと思います。

臨床指標のトップに戻る このページのトップに戻る

輸血製剤の廃棄率

輸血製剤の廃棄率
分子・分母

 分子:廃棄赤血球製剤(RCC)単位数
 分母:輸血赤血球製剤使用単位数+廃棄赤血球製剤単位数

備考(除外項目等)

 自己血は含まず

指標の説明

 血液製剤の適正使用の推進とともに、廃棄血を減らし貴重な血液製剤の有効活用をおこなっていくことが必要です。各年毎に当院で準備した赤血球製剤の全体数に占める廃棄赤血球製剤の割合で廃棄率を計算しています。

考察

 2020年の廃棄率は0%となりました。これは、当院の輸血管理体制を整備し、輸血療法委員会を中心に診療部、看護部、検査等輸血に携わる職員への教育の継続の結果と考えられます。今後も貴重な血液製剤の有効活用のために病院全体で取り組んでいきます。
 2020年度のRBC発注単位数828単位、2019年度807単位

参考文献等

厚生労働省令和元年度血液製剤使用実態調査

臨床指標のトップに戻る このページのトップに戻る

  • 前の指標12.栄養の指標