倉敷医療生活協同組合 水島協同病院 オフィシャルサイト

水島協同病院 院長 山本 明広

卒業年
平成元年

日本外科学会外科専門医
日本消化器外科学会認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影医師


石部 洋一

卒業年
平成5年

日本外科学会外科専門医
日本乳癌学会認定医
日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影医師


今井 智大

卒業年
平成17年

日本外科学会外科専門医
日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影医師


藤本 竜平

卒業年
平成27年

日本外科学会外科専門医

下肢静脈瘤血管内焼灼術実施・管理委員会 下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準による実施医

日本外傷診療研究機構 JATEC

日本静脈学会 弾性ストッキング・圧迫療法コンダクター


江口 孝行

卒業年
昭和46年

日本外科学会外科専門医
日本消化器外科学会認定医
日本消化器外科学会指導医

診療案内

 倉敷南部地域の方々のための医療機関として、手術や抗がん剤治療などを中心に診療を行っています。安全かつ良質な医療が提供できるよう、丁寧な診療を心がけています。手術前後は充実したリハビリを提供しています。

-消化器-

 胃がん、大腸がんなどの腹部の悪性腫瘍の手術や、虫垂炎、胆のう結石、そけいヘルニアなどの良性疾患の手術、腹膜炎や腸閉塞などの緊急手術など、幅広く手術を行っています。

 腹腔鏡下手術について

 内視鏡(カメラ)を用いた”傷の小さい手術”です。1cmくらいの傷が3~5個なので、からだの負担が少なく、手術後比較的早く回復できることが特徴です。

 当院では現在以下の疾患に対して、腹腔鏡下手術を行っています。

  • 大腸がん
  • 胃がん
  • 胆のう結石
  • 虫垂炎(もうちょう)
  • そけいヘルニア(脱腸)

 その他、一部の腸閉塞などの緊急手術でも状況に応じて、腹腔鏡下手術を行っています。




がん診療に関しては、ガイドラインに則って、手術と抗がん剤治療を組み合わせて、標準治療を提供しています。

 人工肛門(ストーマ)の患者さんにつきましては、皮膚・排泄ケア認定看護師を中心としたストーマケアチームによる予約外来を開き、快適に術後生活が過ごせるような取り組みをしています。

-乳腺-

 乳腺を専門とした医師を中心に、多職種による乳腺チームを結成し、乳腺診療に注力しています。

 乳がん検診の二次精査医療機関として数多くのマンモグラフィー検査、超音波検査を行っています。また、乳がんの手術治療、抗がん剤治療を積極的に行っています。 豊胸術後の方の検診は、乳腺エコーで対応しています。

 家族歴(乳がんや卵巣がん)のある乳がん患者、若年発症(45歳以下)の乳がん患者の方は、乳がん卵巣がん症候群(HBOC)の原因となる遺伝学的検査が、保険診療で行えるようになりました。当院でも2020年6月より開始していますので、対象の方は遠慮なく乳腺外来にご相談ください。

-呼吸器-

 肺がん、気胸の手術を主に行っており、傷の小さい胸腔鏡下手術を導入しています。呼吸器内科と連携して抗がん剤治療も行っています。

-血管-

 下肢静脈瘤

 当院では、主に脊椎麻酔下でのストリッピング手術を行っています。足のつけ根と膝の内側の2カ所を1~3cmほど切り、静脈の中に細い針金(ワイヤー)を入れてワイヤーごと静脈瘤を抜き取る方法です。希望に応じて、静脈麻酔+局所麻酔で行うことも可能です。



一般社団法人National Clinical Database(NCD)手術・治療情報データベース事業
NCDを基盤とした保険請求データ(DPC・レセプトデータ)の収集と研究利用について(2017/6)
当科は一般社団法人National Clinical Database(NCD)の手術・治療情報データベース事業へ参加しています。