倉敷医療生活協同組合 水島協同病院 オフィシャルサイト

日向 眞

卒業年
平成元年

日本消化器内視鏡学会専門医
日本プライマリ・ケア連合学会指導医
日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア認定医
日本医師会認定産業医
日本内科学会認定内科医
日本病院総合診療医学会病院総合診療医

診療案内

  第1線の医療機関として、肝臓病、上部・下部消化管、胆・膵疾患の診療をおこなっている。
  肝臓病分野では、慢性C型肝炎のインターフェロン治療や慢性肝炎 ・肝硬変患者の全身管理を中心に診療をおこなっている。 肝細胞癌に対しては超音波検査(カラードップラー、造影エコー)とPEIT(エタノール局注療法)、 血管造影と塞栓療法など集学的な治療をおこなっている。
  上部 ・下部消化管では主に内視鏡検査を用いて、各種疾患の診断・治療をおこなっている。 特に早期癌に対する内視鏡的治療に力を注いでいる。 また最近増加している炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)の治療や生活指導、 ヘリコバクター ・ピロリ菌感染症の診断・治療にも取り組んでいる。

主な医療設備

内視鏡検査
 上部・下部電子内視鏡検査、十二指腸ファイバー(ERCP)
 腫瘍性病変の治療はERHSE、EMR、ポリペクトミーなど
 消化管出血に対してはHSE局注、クリッピング、APC凝固
 食道静脈瘤に対してはEIS、EVL
 胆・膵疾患に対しては、EST、EPBD、各種ステント挿入など
腹部超音波検査
 カラードップラー、造影エコー検査を含む
 治療 (エタノール局注、マイクロウェーブ凝固療法)
CT検査
 2001年1月よりmulti-sliceCTを導入し、診断能の向上を目指す
MRI検査
 胆・膵疾患に対するMRCP検査や各種検査を放射線科と協力して施行
造影検査
 上部消化管造影、注腸造影、小腸造影検査を放射線科と協力して施行