倉敷医療生活協同組合 水島協同病院 オフィシャルサイト

> > 新型コロナウイルス対応について

新型コロナウイルス対応について

 当院をご利用のみなさまに、新型コロナウイルスに関するご案内をいたします。


 当院では、現在のところ、新型コロナウイルスの検査や治療は行っておりません。


 原因が分からない発熱が続いていたり、せきや全身のだるさが続くなど、新型コロナウイルスの感染が心配な方は、倉敷市保健所の相談センターへ電話をして相談していただきますようお願いいたします。


 また、当院では、現在、面会やお見舞いの制限をさせていただいております。しばらくの間、面会、お見舞いはご遠慮いただきますようご協力ください。


 なお、当院では、毎日、職員の健康状態を把握するとともに、清潔につとめるなど、感染対策に万全を期しております。


 引き続き、当院の医療活動に、ご理解とご協力をいただきますようお願いいたします。

 

倉敷医療生活協同組合
総合病院 水島協同病院
院長  里見 和彦

 

 

お知らせ

 

新型コロナウイルス受診相談センターについて

https://www.pref.okayama.jp/page/648845.html

 

厚生労働省「新型コロナウイルスに関するQ&A」

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html

 

厚生労働省
「新型コロナウイルス対策を踏まえた適切な医療機関の受診(上手な医療のかかり方)について」

https://kakarikata.mhlw.go.jp/corona/index.html

 

岡山県「ダメ!コロナ差別」啓発キャンペーン

 新型コロナウイルス感染症の感染者や医療関係者、またその家族等への誹謗中傷や偏見、差別が、県内においても発生しています。
 新型コロナウイルス感染症は、誰もが感染する可能性があります。
 また、コロナ差別は症状のある人の受診を遠ざけ感染拡大にもつながります。
 私たちが戦う相手はウイルスそのものであり、人ではないことを周知し、県民一人ひとりが思いやりと優しさでつながり、誹謗中傷や差別は絶対にしない「ダメ!コロナ差別」啓発キャンペーンを市町村や関係団体等と連携し実施します。
 県民のみなさまのご協力をお願い致します。